忍者ブログ
狂豚調査団による,北海道メイド系等紹介ブログ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。



レポとして書くのは3回目です.
(レポ活動を休業してた期間中である6/10に足を運んだ以来7ヶ月ぶりw)

過去のレポはmeirestレポートカテゴリからどうぞ.
(旧・ナチョブログより再掲してあります)

7ヶ月ぶりのmeirestでは,メイドさんが随分と変わってしまっていましたが,相変わらずの癒しクオリティを発揮していたmeirest.以前と比較してセットコースなども充実していて,時々イベントなどもやってたりもします.非常に地道で正統派なメイドリフレだと思います.

今年の3月には1周年を迎える札幌最初のメイドリフレ,それがmeirestである.

コースは,meirest30分コースという(フットリフレ20分+クイックリフレ10分)というもの.リフレ体験があまり多くないので,一般的な観想しかいえないのですけど,全身の疲れが取れる感じがしました.

今日はmeirestに11月から加わったみずきさんが,施術を担当.エマのようなメイドを目指すというだけあり,黒髪ロング+メガネっこという萌えクオリティの高いメイドさんが,ロングのメイド服でもって施術してくれるっていうんで,それだけでも癒し効果がめっさ高いっていうのに,施術テクニックもなかなか良かったですよ.トークも上手です.施術中いろいろなお話ができました.

ここのところ,本業が忙しくて1週間の合計睡眠時間が24時間前後になってた時期もあり,体のあちこちに異常をきたしていた俺を最高に癒してくださいました.感謝.
PR
(※Nacho武露愚からの再掲です.)



初回のレポートはこちら。


http://meirest.com/


オープン3日目にレポしたmeirest。それから約1ヶ月と2週間、どんな感じになったのか気になったので、ちと足を運んでみました。

meirestからは新しいメニューが登場するたびに幾度かメールでお知らせが届いていまして、その中でも興味があったのがクイックリフレ。

10分1300円(税抜き)というリーズナブルなコースである。クイックリフレってどんな事をするんだろう・・・という疑問を解くべく、行ってみた。

今回、施術してくれたのは1回目と同じくみみさん。市長の事覚えていてくれてました。

まず、前回フットリフレをした時とは違う仕切りへ案内される。そこには、横になれるようベッドがあり、まずそこにうつ伏せになる。

そして、頭のあたりから始めて、腰から上をぐぅ~っともみほぐしてくれます。時々、すごく気持ちいい所に指が入ると、今にも空を飛べそうな快感がほとばしる!

あう・・・あうあうう!!!ひぃぃぃ~~~~い!!
(とは、ウルサイので声には出してませんでしたけどw)

いや、10分・・・されど、10分。侮りがたい!一気に疲れが取れた。

ボクは本業の都合、1日中キーボード打ってるし、趣味でもキーボード打ってるから、ある筋肉だけ硬くなるみたいです。

「普段はあまり疲労を感じないでしょ?それが怖いの。」と言ったのはオーナー。はい、その通りです。もう8年パソコンを触り続けてますから、疲れに慣れちゃってて。。。

さらにオーナーは「それが原因で胸の辺りが急に痛くなったりする・・・」とも教えてくれました。実は時々、心臓の辺りでぐっと痛みを感じる事があるんです。これが原因だったのか。。。

さらには、心筋梗塞のリスクもあると教えてくれました。ああ、やばいな。少しは自分の体も労わってやらないといけないな。。。

(最近、体をいじめ抜いてるからなぁ・・・。)

そうそう、お店の中に少し変化がありました。

施術室にメイド服が飾られたり、2人がけのソファが置かれてました。ソファがあるのはやっぱり嬉しいですよね。

(※ソファについては元から店内にあったらしいが、それをテーブルのあるところに持ってきたとのこと。)

そんな訳で、寿命がのびたかもしれない今回のmeirest。クイックリフレも良かったです。ぜひ1度試してみてはどうでしょうか?

余談ですが、あれからオーナーとみみさんは、近隣のメイド喫茶へ足を運んでみたらしく、色々と感想を聞かせてもらいました。僕らが見る観点と違った感想が聞けたのはかなりの収穫でした。
(※Nacho武露愚からの再掲です.)


今日は、札幌初登場のメイドリフレ・meirestへ行ってみました。


http://meirest.com/


(※開店を前にmeirestの公式サイトが移転しているのでご注意ください)

ちなみに、開店前レポートでオーナー及びマネージャーの方に取材した分は端折っていますので、それを読んでない方はまずこちら(http://nachoppy.blog.shinobi.jp/Entry/128/)をどうぞ。

さて、お店に入ると、先日取材に応じてくださったオーナーが居まして、先日のお礼を言いつつ、今日は実際に施術していただいたところを取材させていただきたく事にしました。



まず、入り口横にある展示ボックス(写真)の前の椅子にすわり、メニュー(写真にある立てかけてあるやつ)を見ながら、どうするか決める事に。

システムはフット・ハンド・ヘッドの3つ。それぞれ20分2500円(税抜き)より。オプションが色々あり、メイドさんを指名する(500円)ことができます。今回は初体験という事でフット20分(無指名)でお願いしました。

最初に記入シートに、名前や住所といった項目、自分が疲れやすいところ、お気に入りのメイドの名前とか色々と書き込みます。

施術室に入ると、最初に靴下を脱ぎ、ズボンの裾をひざ上あたりまでたくし上げ、フットバスと呼ばれるものに、両足を数分ほど突っ込む。

そして、リクライニングし、横になりながら、オイルのようなものをすりこみ、右足から左足へと施術してもらった感じでした。

メイドさんとは施術してもらいながら、お話をするような感じでしたが、メイド喫茶でメイドさんが接客するのとはうってかわり、施術しながら会話するのは余計にスキルが必要そうな気がする。

実際にメイド対お客が1対1もしくは2対1となるわけで、施術中は20分~という長い時間となるわけです。お客さんについての情報が無いとお話し続けるの大変である。確実なリピータを獲得するには、お話のネタとして多少の顧客情報収集スキルが必要になりますし(笑)

でも、実際にはおしゃべりしてるうちにこっちが気持ちよさに眠くなってきてしまい、ZZZ・・・ってしそうになる(笑)

実際に眠ってしまうお客さんは多いそうです。癒し効果抜群ですね。

もし、あまりの気持ちよさに寝ちゃったら・・・メイド好きとしてぜひとも言って欲しい一言があります(笑)

御主人様、お目覚めの時間です。。。

ああ、メイドに起こされたいという夢~、マイドリーム。今こそ!!(笑)

さて今回、市長の施術を担当・取材を受けてくださったのは、みみさんでした。みみさんから聞いたお話をまとめると・・・

・メイドさんについて
7~8名が在籍。メイド業界というかそういうネタ通じる子も居るけど、通じない子もいるとのこと。今回、取材に応じてくださったみみさん自身は、メイド業界は初めて。メイド喫茶も含めて、これから色々と知っていきたいと言っていた。

・リフレの効果について(一部、オーナーのお話を含む)
今回、僕がしてもらったフットは、血行をよくする効果があるとの事。むくみとか取れるらしい。ヘッドに関しては眼精疲労に効果的だとか。市長のようにデスクワーク時間がやたら長い人間にとってはとても嬉しい限り。次回そちらを試してみたい。

実際、この季節割と冷え性に悩まされる市長であるが、5時間経った今でも、まだ足がポカポカしているような感じがする。おまけにしてもらった直後から数時間くらいは体が凄く軽かった。

リフレはマッサージとは違うようだ。やはりマッサージに比べると押されている感じはさほどしなかったが、効果は確かに高いように思える。持続性があるというか・・・うん、うまく表現できない。(ごめんなさい。興味があればとにかく体感してくださいw)


色々と質問に答えてくださったみみさん、ありがとうございました。

リフレが終わった後は、今回はオープニングキャンペーンでソックスをプレゼント中とのことで、



履いて帰ることにしました。メイドさんに靴下はかせてもらいまして、ちょっと照れくさいような・・・ほら、靴下履かせてもらうのって、ボクっちがまだヨチヨチしてた頃以来じゃないですか!(笑)

そして、再び入り口横の椅子にて、冷たい麦茶を頂きながら、最初に書かされた記入シートの最後の項目である感想というか・・・メイドさんへのメッセージを書いたり、お絵かきしたり、ノートなどを書いたりしながら、少しの間メイドさんとお話することが出来たり。。。

ちなみに、ポイントカードは・・・





ポイントカードは1回ご帰宅(来店)で、1ポイント。10回の帰宅で満了。満了すると、ハンドかヘッドのご利用券と換えられる。

帰りは、「お早目のご帰宅をお待ちしております」という言葉でお見送りしてくれました。

【総評】
市長にとっては初めてのリフレ体験でした。それゆえ比較的な観点ではいえないのですが、とりあえず思ったことをいくつか。

オープンしてから日が浅い事もあり、接客面では多少不慣れな点は見られたものの、接客面での研修教育は非常によく行き届いていると思われます。メイドに関する業界研究はそれなりにされていると判断できます。また、サービス面も非常に良好でした。今後に更なる発展を期待したいです。次回、レポート時にはどうなっているか・・・今からすごく楽しみですね。

とりあえず、癒し効果抜群でした。正直癖になりそうで怖いね(笑)
(※Nacho武露愚からの再掲です.)


今日は土曜日で、元々あった予定が無くなってしまい、今日はメイド巡りになった。そこで、25日にはオープンすると噂されていた札幌初のメイドリフレ「meirest」の様子を見に行ってみた。



実はここへ行く1時間ほど前にメイ友・魔王さんから「オープンは3月3日になったよ」と前情報頂いていたのですが、従来メイド喫茶等が新たにオープンする前には店舗の場所を自分の足で確認しておく為に必ず行き、立地を確認してくるようにしています。

で、



入り口をチラチラと覗いてたら、オーナーとマネージャーがお店から出てきてくださいまして、自分がここへ来た目的、このブログの事、札幌のメイド喫茶等を渡り歩いてる事など説明したところ、快く本ブログへの掲載と撮影をOKしてくださいまして、急遽店内で取材をさせていただく事になりました。

meirestのレポートは僕が知る限りでは1週間程前にはげ丸さんによりレポートされていますが、Nacho武露愚では、はげ丸さんの情報に少し追加する形でその1週間後のmeirestの様子をレポートします。

とりあえず、緊急突撃取材という形にはなってしまいましたが、お店のフライヤーを頂きまして、


店内で色々とmeirestについて聞かせていただきました。お店の奥ではメイドさん達(今日は私服でしたが)がリラクゼーション業界で経験豊富であるオーナー指導のもと、研修の真っ最中でした。技術レベルの足並みを揃える為にメイドの皆さんが日々努力しているとの事。そして、オーナーはmeirest のビジョンを熱く語ってくださいました。

では、市長が聞いた情報を項目ごとにまとめます。


●営業・システム面
開店日は2006年3月3日(女の子の節句にちなむとの事)

営業時間は12:00~21:00で、料金システムとしては基本20分2500円から。他にも色々なオプションがあり、中でも萌え萌えオプションなるものが存在。こちらはメイドさんが二人がかりで癒してくれるというコース!

近々、ホームページがURL変更、全てが公開されるとの事で、URLの変更はNacho武露愚の方でもお伝えします。

簡易カフェ営業は予定されていないが、ワンドリンクサービスがあるとの事。

●スタッフ
meirestはオーナー・マネージャー以下女性スタッフのみで構成されている模様。メイド服は今回残念ながら見ることが出来ませんでした。

●レイアウト
入り口の正面が、

※この部分ははげ丸さんが取材した後に新たに出来たものだそうで、オーナーもココをびしっと撮ってくれとの事だったので、ビシッとね。(撮れてる?w)

となりまして、靴を脱いで入る形になります。

実際にリフレを受ける場所は間仕切りされていて、1度に4人のお客さんがリフレを受ける事ができるそうです。

レポ時にはまだありませんでしたが、入り口横にコルクボードやショーケースを置く予定だそうで、お客さんからのメッセージや、お客さんのコレクションや自分の作品等を展示できるような場所が出来るとの事。ちなみに出展する場合は1000円ちょっとの料金がかかるそうです。

お店自体は暖色系色を基調とした、清潔感あふれる可愛らしい内装をしており、とても気軽に入れるような雰囲気でした。正直、その場に居るだけで癒される空間でしたよ?

●お店の特徴
オーナーはリラクゼーションの経験豊富な方で,オーナーのリラクゼーションサロン(英国式リフレクソロジー・レイキヒーリング)が併設されている.こちらは、メイドさんのサービスではなく、本格的な英国式リフレクソロジーが受けられるそうです。

現在のところ北海道で3台しかないボディーソニックと呼ばれる装置がある。リフレ知識が全くない市長でしたが、オーナーがボディーソニックについて詳しく教えてくださいました。


ボディーソニックとは、クラシックなどのヒーリング音楽を流しながら、振動によって全身を癒せる装置なのだそうだ。医学的にも実績があるのだそうな。

また、お店自体はメイドスキーな人たちをターゲットにするのみならず、一般の方達にも制服の可愛いリフレ店として売り出していくとの事です。
(あくまでも、リフレとしてのクオリティを追求する方針という事です。)

【開店前レポを終えて】
オーナー・マネージャー共に、朗らかな雰囲気を持った方達で、リフレについて無知でしかも突然押しかけてしまった僕の取材にも親切に対応してくださいました。

お店の雰囲気・スタッフ達の意気込み、ともに十二分だと思います。心のこもったサービスを期待できる事でしょう。後はオープン後に・・・。
カウンター
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
リンク
【リンク募集中!】

メイド系のリンク
僕がいつもお邪魔しています。

【メイド・コスプレ飲食店】


Cafe Primevere


めいど模擬店Reverseむ~ん


居酒屋 桜っこ

【メイドリフレクソロジー】


メイレスト

【非メイド系飲食店】


Bar Black Rose(相互)

【本ブログのバナー】


nachoppy.blog.shinobi.jp
これまでのレポしたお店
全62店舗

※リンク編集中
●北海道
・飲食店
Cafe Primevere(札幌・閉店)
北口ミルクホールMERMAID(札幌・閉店)
MDs Cafe(札幌・閉店)
めいど模擬店 Reverse む~ん(札幌)
コスプレカフェ・Romeo † Giulietta(札幌)
アンジェリークカフェ(札幌・閉店)
カフェ・ロランベリー(旭川・閉店)
メイド純喫茶ぼんじゅ~る(札幌・閉店)
居酒屋 桜っこ(札幌)
喫茶メイド nyan(札幌・閉店)
メイドカフェ&バー honeydrops(札幌・閉店)
ありす☆かふぇ(札幌)
CLUB@JAZZ.COM(札幌・業種変更?)
Boy's Cafe Bar Con Affetto(札幌・閉店)
萌えカフェ&BAR ゆるふわ(札幌)
めいぷるしろっぷ(札幌)
カフェ チェリム(札幌・閉店)
JuicyBar苺ばたけ(札幌)

・リフレクソロジー
meirest(札幌)
フェアリーウィング(札幌・閉店)

・その他
占いの小部屋 猫みみ(札幌)

●東京
・飲食店
メイドカフェ ぴなふぉあ(秋葉原)
@ほぉ~むcafe(秋葉原)
MIA Cafe(秋葉原)
Tea Room Alice(東京・中野)
Cafe Mai:lish(秋葉原)
Cafe & Kitchen Cos-Cha(秋葉原)
コスプレ居酒屋 Little BSD(秋葉原)
JAMアキハバラ(秋葉原)
Cafe Wish Doll(秋葉原・閉店)
メイドカフェ LAMM(秋葉原・閉店)
CURE MAID CAFE(秋葉原)
ひよこ屋(東京台東区・秋葉原近郊)
王立アフィリア魔法学院(池袋)
Chloe(新大久保 ※旧Especially kiss)
エルフガルド(中野・閉店)
CANDY MAID CAFE(中野・閉店)
Bar Eden(中野)
Chocolatte(秋葉原近郊・閉店)
Pash Cafe NAGOMI (秋葉原)
CAFE & DIMENSION (秋葉原近郊・閉店)
蔵・太平山(神田)
Cute-M(秋葉原・閉店)
Wonder Parlour Cafe(池袋)
帝都喫茶ミルキーメイドパーラー(秋葉原・閉店)
St.GraceCourt(秋葉原)
シャッツキステ(秋葉原)
Cafe with Cat(秋葉原)
メイドステーションカフェ(秋葉原)

●千葉県
・飲食店
プリモカンパニー(千葉)

●神奈川県
・飲食店
HoneyHoney(横浜)
DearCafe(横浜)
マーメイドキッチン(横浜・反町)

●兵庫
 ・飲食店
 神戸KANON(神戸)
 お月見猫王様の不思議な銘茶館(神戸)

●大阪
 ・飲食店
 萌え萌え(梅田・閉店)
 e-maid(日本橋)
 CafeDoll(日本橋)
 メルカフェ(日本橋)
 Cafeくらら(日本橋・閉店)

●京都
 ・飲食店
 Cafe de Joule(京都・閉店)
 Dolly's cafe Midians(京都)

プロフィール
HN:
狂豚調査団
HP:
性別:
男性
職業:
まだ学生やってます。
趣味:
メイド喫茶のはしご。(はしごは文化だ!)
自己紹介:
【狂豚調査団とは?】

国際腐敗連盟によって北海道メイド系の調査を命ぜられたクルトン卿を団長とする狂豚調査団(クルトンちょうさだん)が、旧管理者・ナチョス頭領に代わりこのブログを管理することになり、本団が調査した北海道メイド系の報告をすることになりました。

新しいブログの正式名称は「狂豚め組調査録」とし、もう少し口にしやすく覚えやすい名前を・・・ということで、縮めて「狂め調」とした後、「クルメ帳」と名づける事にしました。

クルメ帳をよろしく。2007年のブログテーマは「メイド喫茶リテラシーを極める」です。
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]