忍者ブログ
狂豚調査団による,北海道メイド系等紹介ブログ。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

2006年4月分までのメイド系レポは,

Nacho武露愚 メイドマスターズレポリューション
http://d.hatena.ne.jp/nachoblog/


にございます.こちらも併せてよろしく.

※ナチョブログ消滅につき,全画像が消えております.時間を見つけてクルめ帳などに過去ログの再UPを予定しているので,しばらくお待ちくださいませ.
PR
(※Nacho武露愚からの再掲です.)

26日の初ロランベリーから3日・・・早くも2回目来ちゃいました。

前回のレポはこちら。

今日は『えま、いちごのエキストラタイム。 』というイベント日で、24時まで営業時間を延長するという日なのだとか。なぜか、札幌のメイド愛好家達に「ナチョスさんならオープン-ラストだよね?」という煽りをうけながらも、残念ながら2時間程度のご帰宅時間でございます。

多くの事は前回のレポに書いているので、今日はとにかく平日に来てみたという所です。チョコパフェをお願いしまして、ここは飲食物撮影OKと明記されている事もあり、前回のようにパフェを撮影しておりましたところ、メイドさんに撮影禁止とのご注意を受けたため、どうもここ数日でルールが変わったみたいです。

この数日の間に何かあったのでしょうかね?

どちらにせよ、早急にメニューに書いてあるルールを書き直すか、お店の分かりやすい所に掲示しないと、撮影しちゃう続出しちゃうかも。。。

という事で、パフェの写真は掲載出来ません。テキストのみでお送りします。

外はあいにくの降雪。でも、店内は明るくて、あたたかくて平日という事もありマッタリ。良い感じでした。
(※Nacho武露愚からの再掲です.)

やっと、来れました。旭川・ロランベリー。

既に多くの皆さんがここを訪れているので、改めてレポを書く必要があるのか?という声が出てきそうな気もしますが、ナチョテクスタイルで書く事にします。

【道のり】
市長達一行は大麻を基点として出発。国道275号線をひた走り途中国道451号を経て、滝川から国道12号に出て後は一直線というコースを辿った。国道12号線のみで進むよりも信号を回避しながら進む事ができるため、2時間40分という所要時間で到着する事ができた。

旭川市内に入りさらに走ると市街地に入る。そのまま国道12号は終点となり、引き続き国道39号線の基点となる。そこから数百メートルほど走ると、



この看板が見える。これがロランベリーが入っているビルである。外見、看板があるワケでもないが、



これが窓にペッと貼ってあるので、分かる人にはわかるはずだ!!(笑)

ロランベリーには駐車場はない。(駐車手段は・・・まぁココではちょっとw)



うむ。確かにロランベリーですね。では、突貫!!

●ロランベリーのシステム


【お店の基本データ】
・場所
旭川市4条通15丁目左1号西田ビル2F

・営業時間
平日:16時~22時
土日:11時半~22時

・チャージなど
ご帰宅料として男性のみ(500円)

・メニューの平均価格帯
ドリンク350円~600円。フードは、300~900円程度。 その他ジャンボメニューが存在する。(1500円~)


【撮影】
店内撮影禁止(お料理の撮影はOK)、メイド撮影メニューありで1名500円、追加1名につき+200円、プリントアウトは1枚つき+300円となっている。
(料金、10ショットまでOK)

メイドによっては撮影できない場合(気分がのらない場合)ありとの事。その他、デジタルカメラの無料貸し出しがある。お店のカメラを借りて撮影した場合は、その場での印刷を1枚分無料でサービスするとのこと。


【衣装レンタル】
女性限定で衣装のレンタルがある。僕が訪ねた時間帯にも衣装レンタルをする女性客が見られた。店内にはクローゼットがあり、衣装を選べる模様。「ふぃってぃんぐるうむ」と書かれた部屋で変身する。

料金は1着目で1000円。2着目以降+500円。試着は無料。店内の小物と靴は無料で借りられる。レンタルと撮影は別料金。衣装レンタルした方の撮影は同一来店グループ全員・撮り放題で1000円。(ただし、メイドを被写体に入れないこと)


【マッサージチェア】
店内にあるマッサージチェアを利用する場合、500円15分(全身自動コース1回分)を利用できる。延長は15分毎に+300円。


【クエストカード】
店内で利用可能なロールプレイカードシステム。店内に告知されるクエスト(まぁ、課題というか、指令というか)をこなす事で、ポイント(経験値)をためるというのが基本システム。その特典は、メンバー限定イベント参加権や特典カードの取得。入会金は1000円。

有効期限があり6ヶ月。(または、既定のレベルに到達した時点)その後は任意で更新する。

カード発行には身分証明が必要となり、書類への書き込みが必要。

【遠距離ルールバスターカード】
期間限定(後にS氏から聞いた情報によると6月末まで)でロランベリーより50km以上遠くからご帰宅される御主人様向けのご帰宅スタンプ優遇カード。

札幌在住である為市長も申し込みましたが、カードを提示するとご帰宅スタンプを2~5倍に出来るとの事。取得には300円かかるが、即日発行はできず、郵送になる。身分証明証が必要になり、免許証のコピーをとられた。

また、カードを提示する場合には、毎回航空券や、高速料金領収書、その他移動に要したものが確認できるものが必要。

※システムは色々と調整されていく可能性があるようなので、あくまで3月26日現在の情報としてご確認ください。

●内装
撮影はNGだったので感想だけ。西日が射してとても明るい店内。窓から国道39号線が見渡せる。

白を基調とした店内に淡いオレンジ色が可愛らしい。カウンターや窓際にはフィギュアやおもちゃが飾られていた。

店内はフリーアクセス可能な無線LANを完備。ノートPCを持ち込めばインターネットに接続する事が可能。PCが開放されておりそちらを利用する事も出来る。

座席はカウンターのほか、PCとテレビが置いてある窓際並列2人掛け、同じく窓際並列2人掛け、2人掛けの対面テーブル、4人掛けのテーブル席、6人掛けのソファのテーブル席が2席あわせて、22席あります。オ-プン時(31席)より座席数減りましたが、新たにマッサージチェアなが置かれたためでしょう。

ソファ席はマッタリ具合最高。西日が射せば眠気を誘います。。。

●お店の様子
テーブル席(特にソファ席)ではとてもマッタリとしたスローな感じで、カウンター席の方はメイドさんとの会話を楽しむお客さんが見られた。

●接客
初めて行った市長達。入店時に入り口でご帰宅料について説明してくれました。これは安心感があるね。

あとは忙しい時でもちゃんとお水は注ぎに来てくれますし、到着までに時間がかかる時はちゃんとその旨を伝えてくれるので、それなりに良かったと思う。


●ハウスルールVer.4
このお店では、ハウスルールが掲げられている。


お店のドアの前やメニュー、店内の壁に張られているが「ハウスルールVer.4」というのがある。その内容は、

・店内撮影禁止(携帯もお控えください)

・1名につき1オーダー以上

・安心して楽しむため、また防犯上の理由でカメラが設置されている

・雰囲気を乱す方、客やメイドに迷惑をかけたり、発言等で不快な思いをさせた方は即会計の上、退店または、コールポリスとなる。

・終日禁煙

・メイドによっては不完全な料理や調味料が適正でないお料理が出る場合がある。あまりに食する事が難しい結果になった場合は、担当メイドを変えて再度給仕します。

・混雑時は相席をお願いします。

・混雑は滞在時間90分制限が発動する場合がある

・お客さん同士のゲームはOK。ただし、メイドは法律上参加できません。(お、風適法を遵守してますねw)

・店内は無線LAN環境になっている。必要があれば、電源延長コードもお貸しします。

・男性はご帰宅料(ご協力金)を頂きます。

だそうです。

●お料理
やっぱり、メイド喫茶はオムライスかな?という事で、オムライス。



ユニークなケチャップアートがウリです。(モナーですかw)加えてタマゴがふわふわなのが、市長的には嬉しかった。



そして、デザートは和風パフェ。これもなかなか。

●ポイントカード
カード(表)

カード(裏)

●総評
札幌から137kmという距離を行ってきたわけですが、興味があるならば1度は行ってみる価値はあると思います。雰囲気は良かったし、札幌からのリピータがいる事も納得いきます。

このお店も札幌のロミオクロスジュリエッタやアンジェリークカフェのようないわゆる萌え系路線のカフェなのだと思います。

その為店内均一のご帰宅料・・・つまり、カウンターチャージとテーブルチャージという風に分けていないので、色々と楽しみたい方はカウンターがいいかも。

また特有のシステムやルールについては、メニュー帳に色々と書いてあるので、そこを読んでシステムを理解しなければならない。ハウスルールについてはお客さんが守るべき事を簡潔にまとめる程度の方がもうちょっと読みやすかったかなぁ。。。とか思ってみたり。

他にもいくつか気になった点はありましたが、些細な事ですし、それは今後に期待したいので略します。

オープンしてからまもなく2ヶ月といったとこですが、今後も色々とより良いお店作りを目指して、頑張っていただきたいものですね。

2回目のレポは29日でイベントがあるとの事なので、その様子でも。


●こぼれ話


しばしば、買出しイベントが発生する事があるのだとか。メイドのまま、向かいのお店「れたす」へ。これは熱い。
(※Nacho武露愚からの再掲です.オープン当時の情報であり,2007年1月現在,お店の場所が移転しています.場所などについては公式ページでご確認下さい.)


コスプレカフェ・Romeo † Giulietta(以下、ロミジュリ)は、2004年10月20日にすすきの付近に新たに出来たコスプレカフェです。札幌においては、過去に4店のメイドさんが居るお店が出来、現在は、札幌市内に3店存在します。

そんな中、ロミジュリは、札幌においては”コスプレカフェ”という名目において出来ました。事実上、初のメイド以外のコンセプトを置いた喫茶の誕生かと思います。

大体13時45分ごろ、現場に着きました。

下について、色々としゃべってたら。。。近くの駐車場のおじさまやおばさまに話しかけられました。

『ここって何かできるみたいだけど、どんなお店なんだい?』

と聞かれ、我々はこう答える。

『我々のような、一部の方々に非常に喜ばれるお店ですw』

さて、ビルの中に入ると。。。既に7人ほど並んでいました。

並んでる時、Web用ということで、ちょっと写真撮られましたが。。。

さて、2時を少し回った頃、ついに開店。

皆さんが随時案内されていきます。

案内されている段階で素晴らしいお言葉が響き渡ります。

『いらっしゃいませご主人様』

漏れの桃源郷、キタ━━━(゚∀゚)━━━っ!

さらに、サプライズは続く。。。

『店内ではなんとお呼びいたしますか?ご主人様とかお兄さまとか、お好きな呼び方でお呼び致します。』のような事を言ってました。

ほ~呼ばれ方を選べるのか。コレは素晴らしい!!

そして、階段を昇り、お店の入り口に到達。

さらに驚くべきシステム。。。

『男性は、漢気(席料)として500円頂きます。学生(学生証提示)や女性は席料はサービス』

おおっ!?学生ではない男すぃはチャージ(席料)がかかるのか!!

そして、我々の番。。。



先着10名の寄せ書き色紙をゲトーできました。(大体漏れは8番目)

 

さて、4人とも学生さんなので、学生証を提示。

どうやら、学生さんには漢気はなかったようです。。。_ト ̄|○

 

さて、呼ばれ方を決めます。。。

漏れには、妹属性は無いので、ご主人様で。。。

さい兄は、ご隠居。Anikiはおにいたまを選択。

しかしナチョテク的には、限りなく正解に近いおにいたまを選択したAnikiは後ほど、とんでもないことになる。

まず、お店のレポです。案内役の妖精さんに案内されまして、店内からお帰りなさいませ~の嵐。いいですねぇ。

お店の妖精さんは、見た感じ5人くらい確認できました。

妖精さん聞いてみたところ、2Fにもテーブル席が2席ほどあるとのことなので、割とお客さんは収容できるものと思います。(正確な座席数はわかりませんでした。。。)

メニューは手書き、ワッフル確か、ザクに襲撃されたため欠品とのことでした。

大体、料金設定はパッと見の平均、500~600円程だったかと思います。

我々が頼んだ分について、レポを書くと

・クリームソーダー・・・大ジョッキ1杯というボリューム。パワフルゆえ、クリーム部に穴が開くと、マジで炭酸が噴出してきて危険な飲み物。味は良しです。まぁ、小宇宙(コスモ)を感じるべし。(ナチョテク的には、別称で”コスモ”ってことにしました。)

・キューティーハニートースト・・・1人前のボリュームが凄いです。上にはハート型のハニートースト。ここが、ポイントって事です。ハニーな甘さが好きな方はどうぞお試しください。

・アイスコーヒー・・・頼んだ中では、非常に普通に見えました。特に見た目上、変わったところは無いようです。

・チョコパフェ・・・割とボリュームが凄かった。

・シフォンケーキ(抹茶)・・・漏れが食べたのですが、できればナイフが欲しいですねってお願いしたら、果物ナイフっつ~か、包丁のようなものが出て来た。。。やばい、ネタツボ入った。好感度どアップですよ。そして、いや~まいったなぁ~といいながら、包丁とフォークで何事も無かったかのようにケーキ食べる僕。

メニュー面は、まだまだちょっと少ない感じですが、今後増えてくる事に期待します。

さて、内装についてですが、公式ページもあるように、割とおしゃれな雰囲気があります。ひとまず、落ち着ける空間作りは成功しているモノと思います。壁には絵も飾られ、良い感じのBGMが流れています。水槽のようなパネルでは、ブクブク泡を立てながら、光っております。水槽のようなもので仕切っている事で、狭苦しさを感じない工夫がなされているのでしょうか?非常に良かったと思います。次は、2Fやカウンターの方を見て見たいものです。(妖精さんによると、シャボン玉があるそうですが、今日はちょっと確認できませんでした。今度は、見逃さないようにしたいです。)

テーブルの上においてあるメッセージとか、アンケート用紙から行くと、コスプレカフェではありますが、メイドさんという基本設定を置いてるような記述があります。

つまり『原則、メイドさんがコスプレをしている』という解釈をしてよろしいのでしょうか?

となると。。。メイド服を着ないメイドはメイドじゃないという意見が飛び出しそうなものですが。。。

 

さて、接客面についてですが、

基本的には、妖精さん達とご主人様ちゃんとお話が出来るような工夫がなされているようです。その証拠として、お話をする為に妖精さんがしばしばテーブルに来るワケです。ただ、妖精さん達は、まだ接客慣れをしてないせいだとは思いますが、1回目は基本的に、妖精さんの自己紹介から入り、メニューの味や感想を求めてきますが、それ以外のマニアックなネタ話などについては、ちょっとフィールドが違ったりする場合も良くある為、時たま言葉につまる事もしばしば。一応、一通りの妖精さんがテーブルを訪ねてきてくれたんじゃないでしょうか?

今後、お客さんと色々とお話していくうちに、場馴れしてくれば、スムーズにお話が出来るようになるかと思うので、その点は今後に期待したいです。

あと、入り口で一応呼び方を決めましたが、最初のうちは余り実践されていないのが気になりました。。。

けど、時々、

『マー●イドと、どちらがおいしいと思いますか?』とか『●リムも近いですけど、次からはこっちですよ!!』

と言った、自称北方メイド喫茶研究家という立場上、ドキッとするキラーパスがありましたねぇ。

けど、やる気を十分に感じましたよ。ぜひ、『札幌にあるライバル店達には負けないぞ!』という気持ちで今後も頑張っていただきたいです。ナチョステクノポリス39はロミジュリの今後の進展を見守っていきたいと思います。

個人的には、ロミジュリには無限の可能性を感じました。

 

さて、会計。。。



名前の欄にコレ書きましたか(w
カウンター
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
リンク
【リンク募集中!】

メイド系のリンク
僕がいつもお邪魔しています。

【メイド・コスプレ飲食店】


Cafe Primevere


めいど模擬店Reverseむ~ん


居酒屋 桜っこ

【メイドリフレクソロジー】


メイレスト

【非メイド系飲食店】


Bar Black Rose(相互)

【本ブログのバナー】


nachoppy.blog.shinobi.jp
これまでのレポしたお店
全62店舗

※リンク編集中
●北海道
・飲食店
Cafe Primevere(札幌・閉店)
北口ミルクホールMERMAID(札幌・閉店)
MDs Cafe(札幌・閉店)
めいど模擬店 Reverse む~ん(札幌)
コスプレカフェ・Romeo † Giulietta(札幌)
アンジェリークカフェ(札幌・閉店)
カフェ・ロランベリー(旭川・閉店)
メイド純喫茶ぼんじゅ~る(札幌・閉店)
居酒屋 桜っこ(札幌)
喫茶メイド nyan(札幌・閉店)
メイドカフェ&バー honeydrops(札幌・閉店)
ありす☆かふぇ(札幌)
CLUB@JAZZ.COM(札幌・業種変更?)
Boy's Cafe Bar Con Affetto(札幌・閉店)
萌えカフェ&BAR ゆるふわ(札幌)
めいぷるしろっぷ(札幌)
カフェ チェリム(札幌・閉店)
JuicyBar苺ばたけ(札幌)

・リフレクソロジー
meirest(札幌)
フェアリーウィング(札幌・閉店)

・その他
占いの小部屋 猫みみ(札幌)

●東京
・飲食店
メイドカフェ ぴなふぉあ(秋葉原)
@ほぉ~むcafe(秋葉原)
MIA Cafe(秋葉原)
Tea Room Alice(東京・中野)
Cafe Mai:lish(秋葉原)
Cafe & Kitchen Cos-Cha(秋葉原)
コスプレ居酒屋 Little BSD(秋葉原)
JAMアキハバラ(秋葉原)
Cafe Wish Doll(秋葉原・閉店)
メイドカフェ LAMM(秋葉原・閉店)
CURE MAID CAFE(秋葉原)
ひよこ屋(東京台東区・秋葉原近郊)
王立アフィリア魔法学院(池袋)
Chloe(新大久保 ※旧Especially kiss)
エルフガルド(中野・閉店)
CANDY MAID CAFE(中野・閉店)
Bar Eden(中野)
Chocolatte(秋葉原近郊・閉店)
Pash Cafe NAGOMI (秋葉原)
CAFE & DIMENSION (秋葉原近郊・閉店)
蔵・太平山(神田)
Cute-M(秋葉原・閉店)
Wonder Parlour Cafe(池袋)
帝都喫茶ミルキーメイドパーラー(秋葉原・閉店)
St.GraceCourt(秋葉原)
シャッツキステ(秋葉原)
Cafe with Cat(秋葉原)
メイドステーションカフェ(秋葉原)

●千葉県
・飲食店
プリモカンパニー(千葉)

●神奈川県
・飲食店
HoneyHoney(横浜)
DearCafe(横浜)
マーメイドキッチン(横浜・反町)

●兵庫
 ・飲食店
 神戸KANON(神戸)
 お月見猫王様の不思議な銘茶館(神戸)

●大阪
 ・飲食店
 萌え萌え(梅田・閉店)
 e-maid(日本橋)
 CafeDoll(日本橋)
 メルカフェ(日本橋)
 Cafeくらら(日本橋・閉店)

●京都
 ・飲食店
 Cafe de Joule(京都・閉店)
 Dolly's cafe Midians(京都)

プロフィール
HN:
狂豚調査団
HP:
性別:
男性
職業:
まだ学生やってます。
趣味:
メイド喫茶のはしご。(はしごは文化だ!)
自己紹介:
【狂豚調査団とは?】

国際腐敗連盟によって北海道メイド系の調査を命ぜられたクルトン卿を団長とする狂豚調査団(クルトンちょうさだん)が、旧管理者・ナチョス頭領に代わりこのブログを管理することになり、本団が調査した北海道メイド系の報告をすることになりました。

新しいブログの正式名称は「狂豚め組調査録」とし、もう少し口にしやすく覚えやすい名前を・・・ということで、縮めて「狂め調」とした後、「クルメ帳」と名づける事にしました。

クルメ帳をよろしく。2007年のブログテーマは「メイド喫茶リテラシーを極める」です。
アクセス解析
バーコード
忍者ブログ [PR]